九代目 ウチのMAC BROTHERS

86年のMac Plusから数えて、9代目はMac mini。

今までは、あまり興味が無かった機種だけど、今回は手持ちのディスプレィやキーボードを活かすべく、選択。

CPU、メモリ、ストレージなどカスタマイズして到着〜♪

まだ、お家タイムが多い今日この頃、新たな遊び仲間としてよろしく!

(仕事仲間としても)

今までの8代にわたるMac、皆大好きだったけど、中でも、やっぱり初代 おうちのMAC BROTHERSであるMac Plusは衝撃的なインパクトがありました。
MS-DOSマシンしか市場になかった86年、デモを見た瞬間に「これ、買います」と言ってました。

で、やっぱり、ジョブス復活のボンダイMacだなぁ!
これまた、パソコンの概念を変えましたよね〜

なんだかんだ言っても、現Appleは、世界を変えたジョブスの遺産からは抜け出ていないと(素人ながら)隠れ熱烈ファンとしては感じざるを得ません。

がんばれ!
あぽーーっ!

宣言が延長〜

不謹慎ではありますが、ささやかな笑いを糧にして引きこもっております。


鯉A「おまえ、ちょっと近けぇよ」

鯉B「風、そっちに吹いてんだから、しょうがねぇじゃん」

 


工場長「マスクは絶対,必要なわけですよ」

大統領「だよな!おれたち、ゴーグル派だけど」

後列左「大統領、自分もゴーグル派であります」

後列右「おれ、迷ってる〜」

STAY HOME週間に突入

すでに1ヶ月以上、自分なりの自制生活を続けていますが、おかげさまで元気にやっております。

ここからが胸突き八丁となりますが、『絶対に感染爆発をさせない』ことを共通のミッションとして頑張ってまいりましょう!

命懸けで闘って下さっている医療従事者の皆様に感謝とリスペクトを捧げます。

大切な人たちのために自制しよう!

NHK 特設サイト「新型コロナウイルス 感染者・家族 遺族の証言」
『結婚記念日のクルーズ船旅行が… 夫を失った妻が語る1か月半』

70歳を過ぎて、、結婚記念日のお祝いで、、
ご夫婦はこのクルーズ船旅行をどんなに楽しみになさってたことでしょうか・・

奥さんのお話を読んでいて、目に浮かんでくるのは、、高齢になっても仲が良くて、友達同士みたいな会話が出来る素敵なご夫婦の姿。ジョンレノンみたいな眼鏡を選ぶなんて、お洒落なご主人なんでしょう。
眼鏡屋さんで、ご夫婦が笑顔で語り合う姿が目に浮かんで涙が出てしまいます。

このクルーズに乗船するときには、コロナウイルスの情報なんて、まだほとんどなかったのですから、ご夫妻にはなにが起こっているのかも分からず、あっという間の暗転だったことでしょう。

ICUのガラス越しに手を当てて・・辛すぎる別離・・

アメリカでは、こういう悲劇が既に1万を超えているんですね。
その凄惨な状況の中で闘っている医療関係者の人達がいる。
亡くなっていく人達を前に、泣いている暇も無く、身の危険を振り返る余裕もないでしょう。

自分に出来ることなんてなにもありませんが、せめて今は自制くらいはしなくては。
そのくらいはしなくては・・と心から思います。